合宿免許と運転技術の向上

運転免許の取得を考えるとき、運転免許試験場で直接学科試験と技能試験を受験する場合を除き、自動車教習所に入所することになります。

そのとき、通学制にするか合宿制にするかを選択する事になります。



合宿免許は、以前は大学の生活協同組合などで斡旋的に取り扱われていましたが、最近では、コンビニエンスストアでも合宿免許と書かれたパンフレットが用意されていたり、一般的に知られるようになりました。

インターネットで検索すると、合宿制の教習を取り入れている教習所が全国各地にあり、様々な特色から自分の希望に合った教習所を探すことが出来ます。


合宿免許の一番の特徴は、短期間で運転免許取得に必要な教習を終えられるところにあります。



これは、自動車の運転に苦手意識のある人や運転をすることに自信が持てない人にとっては、苦手意識を克服する最良の機会となります。



合宿制の教習所では、毎日継続して教習を受けることが出来るので、身につけた感覚をそのままに次のステップへと進むことが出来るのです。

また、教習中に気になったことや疑問に思った点を、漏らすことなく解消できる時間と機会も与えられるのです。

こうして、苦手意識の克服によって得られた自信は、免許取得後もドライバーの運転技術を支える確かな自信となるのです。

最近では、リゾート気分を味わえる施設であったりいろいろな特典を用意している教習所も増えて、合宿免許が楽しいイメージを持つようになりました。

しかし、短期集中して教習に取り組める合宿としての利点は欠くことなく、確実に運転技術向上の役割を果たしているのです。